沿革

  • 1966年 ルネッサンス・バロック音楽演奏研究のための楽器27点を文部省科学研究費補助により国立音楽大学が購入。
  • 1967年 日本音楽研究資料充実のために雅楽、能、箏曲などの楽器約30点および歴史的鍵盤楽器を国立音楽大学が購入。
  • 1976年 音楽研究所が設立され、大学が収集した124点の楽器と非公開の展示室が整備された楽器研究部門が設置された。その課題の一つとして楽器収集が積極的に行われることとなった。
  • 1977年 楽器展示室の毎週1日公開を開始。
  • 1978年 新しく増築された音楽研究所内に、展示室(床面積290㎡)、収蔵庫、研究室が設けられた。
  • 1980年 音楽研究所において、楽器研究部門を楽器資料館と改称。
  • 1988年 音楽研究所から分かれ、楽器学資料館として独立した組織となり、楽器の学術研究を行い、その成果を芸術・学術・教育の発展に寄与することを目的として活動を行うこととなった。
  • 2016年 耐震補強工事に伴い、展示室(床面積442㎡)、収蔵庫、工房、スタジオ、事務室が完備する新施設に移転。