技術者と演奏家による 歴史的ピアノ ワークショップ~ショパンが愛したピアノ~

技術者と演奏家による歴史的ピアノワークショップ~ショパンが愛したピアノ~
参加者の募集について

楽器学資料館が所蔵するブロードウッド社製のピアノフォルテ8台について、それぞれの様式やピアノ史に関する解説とデモンストレーションを⾏います。
また、ウィーン式ピアノフォルテのレプリカ製作や楽器修復についてもレポートを⾏うワークショップです。
※展⽰室内にて場所を移動しながらご参加いただきます。

  • 日時:2019 年5月24 日(金)18 時開始/5月25日(土)14時開始
  • 会場:国立音楽大学 楽器学資料館 展示室
  • 講師:太田垣 至(歴史的鍵盤楽器製作者・修復家)
  • 実演:久元 祐子(本学教授・ピアニスト)
  • 参加費:無料
  • 対象楽器:楽器名をクリックすると、詳細情報が表示されます
  • 募集人数:各回20名程度 (スペースに限りがあるため、申し込み先着順とさせていただきます)
  • 申し込み方法:申し込み期間内に、このページの申し込みフォームに入力し、送信してください。

申し込み期間:2019年4月10日(水)正午~4月26日(金)正午