歴史的ピアノへのアプローチ~ショパン国際ピリオド楽器コンクール優勝者をお招きして~

歴史的ピアノへのアプローチ~ショパン国際ピリオド楽器コンクール優勝者をお招きして~
参加者の募集について

  • 日時:2019 年6月10 日(月)14:40開始
  • 会場:国立音楽大学 講堂 小ホール
  • 講師実演:トマシュ・リッテル Tomasz Ritter(第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール1位)
  • 入場無料
  • 対象楽器グランドピアノ(Pleyel 1848年製造/楽器学資料館所蔵)
  • 公演内容
    14:40~16:10 歴史的ピアノについて
    16:20~17:50 モダンピアノと歴史的ピアノについて
  • 候補曲目 以下の作品の中から演奏する予定です
    Chopin: Polonaise (No.14) g-sharp minor, Op. posth
    Polonaise(No.1~2), Op. 26
    4 Mazurka(No.22~25), Op. 33
    Ballade No.4 f minor, Op. 52
    Sonata pour piano No.3, Op. 58
    Schumann: Phantasiestücke, Op. 12
  • 参加申し込み方法:
    ◆学内者の方(本学学生及び教職員)・・・申し込みは不要です。
    ◆一般の方・・・定員になりましたので、申し込みは締め切りました。