[楽器の10分講座]10月21日:笙

笙は奈良時代に唐から伝来したとされ、正倉院宝物にも笙が含まれています。雅楽では左方唐楽(雅楽の器楽合奏の一種)で用いられる管楽器です。17本の細い竹管は「鳳笙」という美称もあるように、鳳凰が翼を休めた形を模しています。 …

Continue reading ‘[楽器の10分講座]10月21日:笙’ »

[楽器の10分講座]4月15日:薩摩琵琶

琵琶の名前は知っていても、どんな形かどんな音かを間近に見聞きする機会は少ないかもしれません。薩摩琵琶とは種類が違いますが、怪談で知られる耳なし芳一が弾いていたのも琵琶でした。室町~江戸時代の剛健な薩摩藩士を思わせる、勇壮 …

Continue reading ‘[楽器の10分講座]4月15日:薩摩琵琶’ »