[楽器の10分講座]12月16日:グランドピアノ(ブロードウッド)

19世紀中ごろ、ピアノは楽器として成熟期を迎えます。音量の増加、指の動きに敏感に反応する打弦機構など、この楽器もまさしくその頃のもので、1848年にショパンが最後の音楽会で使用したピアノとほぼ同じ型だと言われています。 …

Continue reading ‘[楽器の10分講座]12月16日:グランドピアノ(ブロードウッド)’ »

[楽器の10分講座]12月2日:グランドピアノ(マント)

1900年ごろのドイツで生まれた多角形のグランドピアノです。蓋を開けると独特な形となり、音響効果も見込めます。フレームの装飾は、当時流行していたユーゲント・シュティール(ドイツにおけるアール・ヌーヴォー)を反映しています …

Continue reading ‘[楽器の10分講座]12月2日:グランドピアノ(マント)’ »

[楽器の10分講座]10月14日:ハモンドオルガン

1933年に発明された電気メカニカル楽器。トーンホイールが生み出す深みのある音色はシンセサイザーに代え難く現在でも愛用する演奏家がいます。パイプオルガンの代わりに教会に導入されていることもあります。 → 楽器の詳細情報 …

Continue reading ‘[楽器の10分講座]10月14日:ハモンドオルガン’ »

[楽器の10分講座]10月7日:グランドピアノ(ベーゼンドルファー)

べーゼンドルファーはウィーンを代表するピアノ製作会社で、リストが愛好していたことで有名。この楽器は現代のピアノとは異なるウィーン式の打弦構造となっています。指に伝わるタッチも違いますよ。 → 楽器の詳細情報 通常開館日の …

Continue reading ‘[楽器の10分講座]10月7日:グランドピアノ(ベーゼンドルファー)’ »

[楽器の10分講座]9月16日:スクウェアピアノ

1810年ごろに作られた6本脚のピアノ。細い弦を小さなハンマーで打つため、音は華奢で繊細。こちらのピアノは当館でオリジナルに近い形へ修復されました。当時の音色を体験してください。 → 楽器の詳細情報 通常開館日の12時4 …

Continue reading ‘[楽器の10分講座]9月16日:スクウェアピアノ’ »