恒常的な活動

音楽研究に必要とされる楽器に関する資料を整えるという楽器学資料館の方針に基づき、名器・骨董的価値を重視するのではなく、地域・年代に偏りのない系統的な楽器の収集を基本としています。また楽器の展示公開、保全・修復、調査・研究および資料集の制作、講座・ワークショップ・コンサート等を実施しています。

楽器に関する情報収集

世界各地の博物館・研究所などの所蔵楽器を調査し、現在入手不可能な楽器および未収集の楽器に関する資料が随時得られるようにしています。

楽器の音・映像資料の作成

教育普及を目的に楽器の演奏映像を撮影するほか、可能な限り多くの楽器の音を集め、資料として常備しています。

楽器の保管と修復

楽器は音を出すためのものであり、生きた資料でなければならないので、その保全は重要です。当館では常時館内温湿度の自動調節を行い、楽器を最良の状態に保つよう注意を払っています。また、いくつかの楽器については演奏可能な状態を目指して修復を進めています。

資料集・カタログの作成

楽器を主体とした特定研究課題のもとに資料集を作成し、関連する特別展示や解説を含めた演奏会などを行っています。また当館所蔵楽器の情報を掲載したカタログ類や、年度毎に当館の活動を纏めた活動報告書などを刊行しています。

公開講座

専門の演奏家による解説を交えたレクチャーコンサートやワークショップなどを随時開催しています。

PAGE TOP