レクチュアコンサート「北インド古典音楽の楽器~サーランギーとパカーワジ~」

2002年6月20日

日時 2002年6月20日(木) 17:00~18:40
進行・講師 小日向 英俊先生(本学講師)
演奏

シュリ・カント・ミシュラ氏 Mr. Shri Kant Mishra(パカーワジ)
カナイヤラル・ミシュラ氏 Mr. Kanhaiyalal Mishra(サーランギー)
鈴木 ユキ氏(タンブーラ―)

場所 国立音楽大学6号館110教室
主催 楽器学資料館

パカーワジとサーランギーは、長い伝統を持つインド音楽の中で、北インド古典音楽の代表的な楽器とされています。インドでも著名なそれぞれの楽器の演奏家に、奏法などについてのお話と演奏をしていただきました。

プログラム

  • 第一部 レクチュア
    • 北インド古典音楽における両楽器の役割
      • 声楽と楽器
      • 器楽の役割(伴奏)
      • 器楽の役割(独奏)
      • サーランギー
      • パカーワジ
    • 楽器について(演奏者に伺う)
      • 類似楽器
      • 材質
      • 構え方
      • 調律
      • 演奏法
  • 第二部 演奏
    • サーランギーのラーガ(旋法)及びパカーワジのターラ(リズム周期)は、インド音楽の演奏習慣に沿って、当日その場で決定される。

出演者プロフィール

シュリ・カント・ミシュラ氏(パカーワジ)
インドでも数少ないパカーワジ奏者。1952年バナーラス(ベナレス)市生まれ。幼少の頃より、パンディト・アマルナート・ミシュラにパカーワジを師事。その天才的才能により、ドゥルパド様式の著名な音楽家たちのほぼ全てと共演。また、ソリストとして、インドのみならずヨーロッパでも活躍。トゥン・マハーラジ(Toon Maharaj)、つまり「トゥンの王」(トゥンはパカーワジの打音の1つ)として親しまれる。現在インド国立バナーラス・ヒンドゥー大学パフォーミングアーツ学部所属伴奏者。

カナイヤラル・ミシュラ氏(サーランギー)
ヒンドゥスターニー音楽に用いられる擦弦楽器サーランギーの著名な奏者の1人。1959年バナーラス(ベナレス)市生まれ。幼少の頃より父の故ババニ・プラーサード・ミシュラにサーランギーを師事。後には故ハヌマーン・プラーサード・ミシュラに学ぶ。タブラー・バーヤーンの巨匠キシャン・マハーラージ、声楽家ラジャン・ミシュラ、サジャン・ミシュラなどと共演多数。インドのみならず、ヨーロッパ数か国で多数のコンサートに出演。現在インド国立バナーラス・ヒンドゥー大学パフォーミングアーツ学部所属伴奏者。

PAGE TOP